岩国市

両国橋で小瀬川を渡ると岩国市域に入ります。岩国市は、山口県の東端にあって、東は瀬戸内海に面し、広島県大竹市に接し、西は玖珂郡美川町、南は玖珂郡由宇町に接しており、人口はおおよそ108、000人の街で錦帯橋でも有名な所です。
広島県大竹市と山口県岩国市は小瀬川で隔てられていて両国橋を渡りますと山口県に入ります。

両国橋を渡り小瀬川沿いに左へ行きますと吉田松陰の碑が建てられています。

「夢路にも帰らぬ関を打ち越えて 今をかぎりと渡る小瀬川」  と詠まれています。

松陰の碑なるところから右に入りますが、ここから関戸までは舗装道路が続いていますが、途中からこの道とから脇に入り、舗装のない旧山陽道を歩くことが出来ます。登り道ですが、とても足に優しい道です。
車社会になった現代では余りこの様な道を歩く人がいないのか、道は少し荒れています。
再び道は自動車道と合流し、舗装した道を下りながら歩くことになります。いよいよ関戸の宿に到着です。

関戸宿に入ると道の西へ向かって右に昔の本陣跡の土塀の跡が一部残っています。写真は西から東に向かって撮っています。

その隣の関戸公会堂の前には吉田松陰の東遊記念碑が建てられています。

その右手の少し小高いところに客(くろうど)神社が建っています。ここの一対の狛犬は尾道の石工が造ったようです。そう言えば尾道に石工神社があったような・・・
関戸宿には古いたたずまいが今も見られます・
この辺りには一里塚があったはず?でも今は何の面影もあ残っていません。
上多田の交差点の手前道の右に本庄八幡があります。
御庄の渡し付近、今は当然みしょう大橋という立派な橋を渡ります。

橋を渡りしばらくして新幹線の西側を進み、御庄新市に入ります。以前から使用していた道路は錦川やその支流の河床が高くなり、水害が多発したために道を山際に迂回させ、それに伴って新市が出来たようです。その街道の右側には蓮乗寺があります。

その先には庄屋屋敷があり、本宿ではないが、間の宿的な役割があり、河止めなどの時に本陣にも供されていたが、この本陣も数年前に老朽化が激しく取り壊されてしまったそうです。写真は更地になった本陣跡
その少し先右には多賀山明神がある。
そこからしばらく行くと新幹線の新岩国駅を見ながら再び新幹線の東に出る。錦川沿いに南下するが山陽自動車道の手前の川向こうに大歳神社がみられる。
大歳神社の方へ渡る久津橋を通りすぎそのまま進み錦川鉄道をすぎるとすぐに思案橋にさしかかる。この思案橋は旅人がそのまま行くか、岩国城下に寄るか、この橋のところで思案をしたのでこの様に呼ばれているそうです。
思案をせずに一寸岩国城下に立ち寄りましょう。まずなんと言っても岩国は五橋の錦帯橋です。
錦帯橋の橋のたもとには槍倒し松が植えられています。昔、行列が他藩の城下を通るときは行列の槍を倒すのが礼儀であったが、岩国藩は六万石の小藩だったために槍を倒さずに通ったので、憤慨した藩士が横枝の張った松を植えて、行列が槍を倒さないと通れないようにして、溜飲を下げていたそうです。それでその松のことを槍倒しの松と呼ぶようになったそうですが、当時の松は枯れてしまって、現在の松は初代の松の実から生まれた三代目の松だとのことです。
岩国城下には山口県文化財の香川家長屋門があり
国の重要文化財の目加田家住宅などがあります。
城山頂上には岩国城(横山城)がそびえています。これは昭和三七年に建てられたもので、昔の横山城は徳川幕府の一国一城制度で元和元年(1615)に取り壊されました。
再び、街道に戻りさらに錦川沿いに西へ柱野へ向かって進むことにしましょう。
JR柱野駅前に続く橋を過ぎますと右側にある民家の間に石仏が祀られています。
最初の石仏からから50mも行かないところにもう一体の石仏が祀られています。

 

その先、下市橋で御庄川を渡り、市に入りますと左側の小山に御所神社があります。
下市から上市へと街道を進みますと左に改装されたのか新しいお寺、教法寺があります。
上市を過ぎ再び上市橋で御庄川を渡り、古宿へ入ります。御庄川に合流する古宿川に沿って進みます。合流点の少し先の左手に古い建物の学校が見えます。
古宿を進みますと右に大きな地蔵尊と小さな石仏が祀られています。

 

その少し先に千体佛の標識が立っており、その奥に千体佛のお堂(左)があります。千体佛(下)は法要を営むときに個人に似た仏像を本堂に持って行き、位牌と共にお参りしたあとまた元のところへお返しして置くという慣わしになっているそうで、仏像は江戸中期の作で千体の仏像は水害その他で現在は795体現存しているそうです。

さらに進みますと民家は少なくなり二軒屋へ入ります。この辺りに一里塚があったようですが特定することは出来ませんでした。
そこからしばらく行きますと右の民家の左横にが祀られてあります。
この辺りは川も狭く美しい清流となっており、宿川との合流点となっています。
宿川を過ぎますといよいよ難所の中垰にさしかかります。この坂はかなりのもので舗装された道路にもスリップ止めの沢山の溝が掘られています。
中垰を過ぎますと次は欽明路峠で此処が岩国市の西端となり、ここから玖珂郡に入ります。